中を確認したくなるからこそ高い宣伝効果が期待できる圧着ハガキ

笑顔の事務員

特別に大切な顧客向けの情報は機密を守れる圧着ハガキで提供しよう

赤いポスト

ある程度の長さの業歴がある会社では、長い間ごひいきしていただいている特別に大切なお客様がいます。日ごろからのご愛顧に感謝して、そうしたお客様だけを対象としたキャンペーンやイベントを開催する際、そのご案内には圧着ハガキを使いましょう。
それというのも、圧着ハガキは、大切な情報は封をして見られないように出来るため、キャンペーン応募に必要な顧客特有のIDやパスワードなど、機密性の高い情報を知らせるのに適しているからです。作成は業者に依頼すれば、比較的リーズナブルに対応してもらえますし、更に、一定の条件を満たす場合は、郵送料に関しても、広告郵便割引で安くすることが可能です。
機密情報をしっかり保護できるご案内の方法としては、もちろん封筒を使うことも考えられます。しかし、制作・発送に要するコストをトータルで考えると、圧着ハガキに軍配が上がるでしょう。しかも、ハガキは、一見サイズが小さく、十分な情報を載せられない印象がありますが、圧着ハガキの場合は、通常の2~3倍もの情報を載せることが出来るのです。
コスパがよく、業者外注で手軽に作成できて、かつ機密情報をしっかり保護してくれるなど、メリットが多い圧着ハガキを是非、利用してみましょう。

実効性のある広告媒体を探しているなら圧着ハガキを使ってみよう

現代では、広告を打つにも様々なやり方を選択することが出来ます。昔は、多くの人が情報源として利用する新聞や雑誌に広告を掲載したり、折りこみチラシを使うなどの方法が主流でした。インターネットが広く使われるようになってからは、紙媒体での広告よりも電子的な広告手法をメインにしている会社も多いです。しかし、そうした広告の実効性はいかほどかというと、あまりいいとは言えない場合も多いのが実情でしょう。
実効性のあるいい広告の仕方がないものかと考えているなら、広告郵便という選択肢について検討してみてはいがでしょうか。中でも圧着ハガキには、広告郵便として使うのに適したメリットが沢山あります。見た目はハガキサイズであるにも関わらず、伝達できる情報量は遥かに多く、かつ個人あてのアプローチのため、開封して内容を確認してもらえる可能性も高いです。圧着ハガキの作成は業者に依頼するのが通常で、そのためいくらかコストはかかるものの、新聞広告やネット広告の料金と比較して、法外に高いコストになる心配はまずないでしょう。所定の条件をクリアすれば、広告郵便割引によってさらにコストダウンすることも可能です。
広告は、なによりも効果が出せることが重要ですので、こうした圧着ハガキのメリットを活かして、広告郵便というアプローチを試してみましょう。

開封率の高い広告郵便として宣伝に圧着ハガキを採用するのがおすすめ

これまで企業や官公庁等から、サイズはハガキのそれでありながら、封書のように封がしてある郵便物を受けとった経験がある人は多いでしょう。この郵便物は、かなりポピュラーな存在でありながら、正式名称を知らない人も多いです。これは圧着ハガキと呼ばれるもので、非常に長い間、様々な目的のために活用されています。圧着ハガキはその主なメリットに照らして、特に広告郵便にピッタリの媒体と考えられます。
そのメリットというのは、受け取った人がかなり高い確率で中を開いてみてくれることです。これは、圧着ハガキの仕組みそのもののお陰です。外観だけからでは、何のお知らせが来たのか全く分からない郵便物のため、とりあえずは開けて中身を確認しようという心理が働きます。他の媒体を使った広告に共通の悩みは、広告を出しても見てもらえないというものです。それを考えると、とにかく開いてはもらえる圧着ハガキには、広告として非常に大きな勝算があると言えるでしょう。
ただ、開いて中身を見た後に、ターゲットにアクションを起こしてもらえるかどうかは、中身の作りこみ方次第です。作成は業者に依頼しますが、その点、広告用の圧着ハガキに詳しい業者に相談に乗ってもらうといいでしょう。


重要な情報を載せる圧着ハガキを利用するなら【ユニオン印刷】に印刷をお願いしてみませんか?お客様のご要望に合わせてご提案をしていただけて、確かな印刷技術や圧着加工のノウハウがあり、安心して利用できますよ!

headline

recommended article